books
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『大風呂敷?それとも背伸び?』

株式会社樹希社(イッキシャ) というのが我が社の社名です。
このたび、この株式会社樹希社のホームページをリニューアルいたしました。

その名も「デザインコンサルティング VOICE

ぜひ、ご覧くださいませ。
http://ikkisha.jp

22年前に創業した時に
「大風呂敷を広げないで身の丈にあったことをやりなさい。
 でも時には少しだけ背伸びをして手を伸ばすことも忘れずに」

と言ってくださった方がいます。

すぐ調子に乗りそうになる性格には
とてもためになりました。

また臆病風に吹かれる日もありましたが、
一歩踏み出す勇気ににもなりました。


デザインやブランディングに関わって22年になります。
求められるままにおこなってきたコンサル業務ですが、
ここで気持ち新たにVOICEとしてメニューも一新しました。

大風呂敷ではありません。
ブランディングの奥義をお伝えいたします!!
 

(そしてVOICEホームページはデザイン支援手法のひとつ
 クイックマスター法による超裏技にて作成されています)



にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE
23:59 | comments(0) | -

『目をつぶってジャンプ!』

暑苦しい、いや、もとい「熱い想い」がある人はまだいいんです。

「起業したてで、自分のウリがわからないんです」
「仕入れて売ってるので価格しか勝負できないんですよ」

内心で(なんで独立したの??)と呟きたくなることがあります。


起業したばかり、スゴい先輩や重鎮がいて、とても叶わない気持ちになりますよね。

でもたった一つ、あなたが持っているスゴイ武器があります!
それは「あなたがあなたであること」です。

同じ商品、同じ価格、それでもなぜあなたから買ってくれるんでしょうか?
それは「あなた」だからです。


「あなたはどんな人?」

あなたができること、得意なことを書き出してみましょう。
それが今の仕事にどう活かせるかを考えます。

例えば
本屋さんは商品も価格も同じ。
もしあなたが英語が得意ならば・・・。
本屋さんで英語を活かして何かできないか?

おばあちゃん子でお年寄りと仲良くなれる、
それを活かして何かできないか?

​・・こんな感じです。
お金に繋がるかどうかはちょっと後回しにして。


次に
「あなたができそうなことは?」

あなたがこれならできそう、と思うことはなんですか?
今、できなくてもかまいません。

-----------------------------------------------------------------
かく言う私も起業したての頃、大きなデザインコンペで
「Macが使える人」
という条件を出された時、(できるだろう)と勢いよく手を挙げたら
参加者の中で唯一人でした。
(20年以上前ですから、まだMacは台頭してませんでした。)

即、ご指名を頂きました。
Mac? 使えません、というか、まだ持ってませんでした。
それから慌ててMac購入、一週間、必死でアプリケーションソフトの
基本をマスターしました。
------------------------------------------------------------------------

できそうだと思うことを「やる!」と宣言してしまいましょう。

目をつぶって大きくジャンプ、
飛びながら着地点を見つける

時にはそんな冒険も必要かもしれません。

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp
01:13 | comments(0) | -

『負けを認める』

「スタッフが思う様に動いてくれない!」
「自分と同じ思いでどうして動かないのか!」

と苛立つ経営者の話をよく聞きます。

でも仕方ありません。

やりたいことを掴んだ人が「負け」なのですから。

勝ち負けで言うのは好きではありませんが、
この場合「負け」を認めることです。

叶えたい夢ややりたいことがある人は
まわりの協力を得るために
夢を語ったり、出資を依頼したり、協力をお願いしたり・・

色んなところで頭を下げることができる人なのです。

叶えたい夢、世に出したい商品、伝えたい想いがあるのは誰ですか?
それは「あなた」なんです。


安いプライドを捨てて、崇高な夢を叶えるためには
負けるなんてたやすい。

お願いします!
助けてください!


これが言える強さなんです。

一方、
「助けてあげる」
「協力してあげる」
という立場の人は、

コトが起こると

「いや、お願いされただけだから」
「言われたことしただけだから」


さて、どっちが幸せでしょう??

負けを認めて多くの応援を頂く。
それが夢への第一歩だと思います。


愛と感謝でGo!Go!


にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp
00:35 | comments(0) | -