books
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

思い出のKen、Bill、Nancy

もう25年位前のことです
当時、中学生だった方、
(今、40歳手前頃の方)
     
もしかしたら
もしかしたら
僕が作っていた英語の教科書を
使っていただいていたかもしれません!
   
 
大手の教育出版社の仕事で
英語の教科書や参考書の
イラストやページレイアウトを
しておりました。
   
イラストは主に
登場人物の
Ken
Bill
Nancy
   
時々、
橋(bridge)
椅子(chair)
なんかの絵も書きました。
    
実は私、大学は経営学部。
デッサンなど
ちゃんとならったことがありません。
      
漫画も書いたことがなかったのです。
       
何に苦戦したかというと
同じ人物の正面の顔と横顔です。
    
  
こうなるか!くらいの別人さです。
   
    
今や教科書のイラストも
萌えアニメのようで
エレン先生なんていうスターも
生まれているそうですね〜
   
    
当時は仕事の一つとしか思っていなかったです。
自分が何かの教科書を作ると思ってみると
伝わりやすいものができるように思います。
     
どんな小説を題材に選ぶでしょう?
伝記としてどんな人の生き様を伝えたいでしょう?
   
「意図する」ってとても大切です。
文章を書くときも
誰に何を伝えてどうなってほしいか?を
意図すること。
    
逆に言うと、
万人受けするものでなくていい・・
万人受けする話は誰にも響かない
と思っています。
    
  

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

  

   

  

   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

01:11 | comments(0) | -

復活の狼煙!『100冊出版』ーインディペンデントレーベル

出版の仕事を数年間おやすみしていました。
         
昨年春、やはりこの仕事をしたい!と思い、
『銀河出版舎』を復活させました。
      
印刷業界、出版業界に長くいました。
大手の編集や企画を請け負っていた時期も長かった。
      
出版とはこうあるべき!
という枠ががっちりありましたね・・
       
今、出版社から出る本は
最低3,000冊、
できれば1万部売れる本
というのが前提ではないでしょうか?
    
3,000冊、これなかなかの数字です。
    
この画像は50冊の包みが20個、約1,000冊、
子猫が20匹乗っております。
   
 
    
3,000冊だとこの3倍、
子猫60匹
      
10,000冊だと10倍
子猫が200匹ですね!
     
    
それだけの数が見込める一般の人は
どれくらいいるでしょうか?
     
それだけの数が販売できない人は
本を出してはいけないのでしょうか?
      
著名人や芸能人でなくても
おもしろい人やすごい人が
たくさんいます。
       
市井の人々に光をあてる
そんな本を作りたいと思っています。
         
まずは目の前の100人に伝わる本を
作りましょう。
それを『100冊出版』と名付けました。
           
インディペンデントレーベル
つまりインディーズ出版です。
         
音楽業界のインディーズには
カリスマみたいな人がたくさんいます。
        
むしろインディーズで出したいという
メジャーもいるくらい。
          
書籍にもそんな世界があっていいと思います。
       
メジャーと自費出版の間に位置する
『インディーズ出版』という新しい体系。
   
    
僕たちは
文章の編集だけではなく、
デザイン、
印刷、
紙のセレクト
装丁、
製本、
そのすべてにおいて
プロとして
仕事をしてきました。
    
このすべてを一人でできる編集者は
他にはいないと思います。
 
そしてマーケティングのプロの
助っ人にもお力添えいただき、
出版後のサポートもできるように
なります!
 
出版はゴールではありません。
あなたの人生を棚卸しして
過去の自分を認め、
次に進むための最強のツールです。
 
私たちがとてもワクワクしています!
================================= 
=================================
  
   
  
   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

18:44 | comments(0) | -

『100冊出版』

新しい出版のカタチ、
模索中です。
 
その一つが『 100冊出版』
ハンドメイドBOOKを実現したい・・
早く公開したい気持ちでいっぱいですが、
焦らず、一歩ずつ進んでいきます!

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

23:47 | comments(0) | -