命の期限を経験した人だけでなく、全ての人に生まれてきた意味があります。
それはそれぞれの魂との約束の地を目指すことだと思います。

「人は皆、志半ばで人生を終える」ならば壮大な夢を描こうと思います。
魂が震えるような夢や人生を描きましょう。
右にならわない
「顔写真を入れた方がいいですか?」
「チラシは手書きの方が印象いいんですよね?」
といった質問をたまに頂きます。


答えは正解であり、不正解です。

「なんじゃそれ?」
というお叱りを受けそうですが、これは自分が製品をどう売りたいか?
どんなブランドにしたいのか?によるからです。

高級ブランドからスタッフ皆のピース写真のリーフレットが送られてきたら私なら
「バッタもの?」と思ってしまいそうです。

ひとつには誰かが「顔写真を入れると信用度が増すよ」と、言われた影響だと思います。
それで効果がでる場合ももちろんあります。

問題は誰かが言っていたことに、
ただ「右にならえ」することです。


顔写真と言われたら顔写真、
手書きがいいと言われたから手書き、
メルマガがいい、ブログがいい、今はインスタだよ、

こうなってくると「右にならえ」というよりは「右往左往」ですね。

写真を載せなくても信用を得る方法はいくらでもあります。
逆に「写真載せとけばいいんですよね?」っていう写真なら載せない方がいいですね。

自分が手書きだと思ったら、誰にどれだけ批判をされても、書き続けることです。
もし365日、書き続けることができたら、それは大きなブランディングになるでしょう。


自分がどんなメッセージをどんな方法で「継続」するか?にかかっています。

そんなわけで私もブログ「継続」にチャレンジ中!


 
デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
23:45 ブランディングの意義 comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS