『夢を掴んだら損をする』
lleno店舗経営者求む!
これはllenoを丸投げするのではなく

一緒に生きる人求む!
です。


なぜ、店長ではなく経営者なのか?

誰かが誰かに所属するのではなく
お互いに自立した関係で
同じ目的に向かって生きる


そのチームを作っていきたいと考えています。


今回、室町店の経営に限らず
代理店として販売をしようという方もお越しくださるのですが
単なる「仕入れ元」「卸し先」という発想はありません。


共に生きる仲間の募集です。
「誰もひとりにしない、誰もひとりにならない」
ただ、そのためには大きな前提があります。
お互いに自立し、自分で夢を掴んでいる人です。


僕は時々、夢を掴むことは損をすることだなあと思うことがあります。
損というと言葉が悪いですけどね
でも、どうしてもその夢を叶えたければ
周りに理解をお願いしたり、力を貸してもらったり、時にはお金を借りることだってあります。
頭をさげたり、一生懸命言葉にしたり・・・。
そしてリスクも引き受ける。

本当にやりたいのか?を試される。
それでもやりたいと思える人生は幸せだと思います。


夢を掴まなければ相手のせいにすることができます
「あなたが頼んできたから」「してあげたのに・・」



夢を掴んだら成功も失敗も全部自分が引き受ける、
自分がやりたかったことだから仕方ないよね〜

それを一緒に悩んだり、一緒に笑ったり
時には「やっちまったよ〜」
と一緒に焦ったり・・。

そんな夢を掴んだ仲間と共に生きること
それが次の僕の目標です。


 
********************************************
既に 満席状態ではありますが、
私の想いのお話し会にお越しください。

店舗経営者希望でなくても、お話しだけでも聴きにきていただけるととても嬉しいです!!


********************************************
lleno社長の想いを語るお話し会
『今踏み出すその一歩が世界を変えるかもしれない』

◯1月30日(土)午後5時 開場 (スタートは5:30頃の予定)
◯lleno室町店 3階

お申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S29150466/

※ドコモ等携帯メールからお申し込み方へ
 こちからのご案内が届かないようです。PCから受け取れる設定にお願いします。



グレースという名のノート 
男性に中には会社の会議でも使ってくれる方もいますが、「恥ずかしい」という人に二分されます。
僕は看板にも使うほどお気に入りのllenoを代表するデザインです。


============================================
■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
VOICE
にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業
01:08 生き方考え方 comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS