命の期限を経験した人だけでなく、全ての人に生まれてきた意味があります。
それはそれぞれの魂との約束の地を目指すことだと思います。

「人は皆、志半ばで人生を終える」ならば壮大な夢を描こうと思います。
魂が震えるような夢や人生を描きましょう。
『初仕事&NEXT』
今年の初仕事はニューヨークから来られている
プロカメラマンによるポートレイト撮影


(↑この写真は彼の撮影ではありません)

このカメラマンの方、かなり著名な方だったみたいです

アメリカでの撮影は俳優、アーティスト、ミュージシャン、作家とそうそうたる名前が並んでました
日本でも歌舞伎役者の撮影をされたり、今回のスケジュールにも芸能界の方の名前がありましたね


実は・・、私、このスタイルの撮影から、次は1枚ずつ服を脱いでいくという・・キャー
とてもお伝えできない内容へと進化していくのです

撮影の間、私の心を占めていたのは
「なんで??」
「ドッキリ?」
「僕でいいの?」
でした。


でもね、受け入れようと思ったんです。
彼には僕が日本の『アーティスト』に見えているんだ



そしてそれを受け入れようと思った出来事がありました。

尊敬するある僧侶から
「そろそろハンコつきませんか?(笑)」
と言われました


過去を振り返らない、
常に「NEXT」の男
だと思ってきましたが、どうも違っていたようです。


常に次、次、次、、、
をやってきたわけですが、
受け取ってなかったんですね〜

前にオーダーしたもの、
もう配達所に山積みです

次を注文する前にそろそろ受け取ってハンコつきませんか?

自分がやってきたこと、承認するということですね
かなりいろんなことやってきたし、結果もだしてきました

生来の飽き性、おまけに器用貧乏と
とどまれない要素、満載です

もっとできる、もっと成し遂げてから・・
と思ってましたが、いままでの自分を認めてみようとおもいます。




そして、そういいながらも今年は新しい挑戦を2つ。
詳細はまもなく発表いたします。

今年もよろしくお願いします!


============================================
■想いを綴るインタビュー
 プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
VOICE
にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業
14:00 プライベート comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS