『命をつないだ日』
成功率15%、7年前の最後の手術の話です。

降水確率85%は・・・だいたい 雨 ですね

その前にも大小合わせて6回の手術を受けていました。
なので多少は低く見積もってるだろう・・とは思いましたが、

どうもこのときの予報は土砂降りの雨でした。


外科、形成外科、泌尿器科、血液内科、精神科、皮膚科、麻酔科
7科の医療チームを結成してくださった大掛かりな手術です。

手術前説明で「承諾書」を書きました。
1科につき3〜5枚、合計で26枚だったと思います。

つまり、手術前中後、万一のことがあっても、
『一切文句はいいません』
『家族にも言わせません』

という書類です。


26枚もサインをしていると、
だんだん「もう死ぬんだ」という呪いにかかっていくようでした。
なんせ成功率15%ですから・・・。


『特定生物由来製品』の使用許可
・・・一体、何を使われるんやろ??
と最初はビビりました。
 

これは一言で言うと「輸血」のことでした。


さて、手術は朝8時から始まり、午後6時で終わる予定でしたが、
実際には午後10時をまわり、14時間かかりました。


しかし、病室に戻ってきて目を覚ました時に感じたのは
「終わってない、絶対まだ終わってない・・」

私は第六感や予知能力など、ほとんど感じたことがありません。
なのに、この時はハッキリと不吉な感覚がありました。


そして深夜2時、容態が悪化した私は、再び、手術室に運ばれました。
手術としてはもう手を尽くした後ですし、麻酔ももうこれ以上追加できない。

そんな状況の中で、7人の医療チームのメンバーの医師達が全員、病室に駆けつけてくれました。

私に「承諾書」を26枚かかせた医師たちです。
もし、ここで見捨ててもどこからもクレームは来ません。
それにもう手を尽くしたあとなのです。


遠のいていく意識の中で
私を取り囲むように医師たちがズラリと並んでいました。

その時、私の左側に立った医師が、私の肩をつかんで揺さぶり
いったらあかんぞ! 助けるからな、しっかりしろ」
と叫びました。

もう麻酔がなくても傷みも感じません。

何度も何度もふと意識が途切れそうになると
医師の誰かが順番に
「助けるからな!いったらあかんぞ」
と声をかけ続けてくれました。


医は仁術、
医療も最後は「人間力」だと思いました。

医師はどんな時でもどんな患者でも、
必死でその命を救おうと思ってくれているのだと
心から信じることができました。


その後のことはよく覚えていません。
気がつけば、朝、自分の病室でした。

あれからもう7年・・・。
人生で「もう無理かな」と思うことは時々あります。


そんな時あの医師たちの
「いったらあかんぞ!助けるからな」
という言葉が耳の中によみがえります。

あの声を思い出すと、
本当にもう諦めていいのか?
と自分に問いかけることができます。

 
このもらった命、何に使うべきか・・・
そのことを問いかけて、今を生かせてもらっています。


あなたの命、何につかいますか?


「いつか」という日は来ません。
今、伝えるべきことを伝え
やるべきことをやりましょう。


 

 


にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
VOICE



デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業
10:04 ラストラブレター comments(2) -
comment
神田さん、初めまして。

何年も前、貴店で開かれた和歌さんの個展の際に名刺交換させて頂いた、
七条の自転車レンタル店・パッシオーネの亀岡と申します。
カウンセラーの大場さんのFbから参りました。
  
12年前、僕も三途の川を見て来ました。
こちらのログに書かれているお言葉の意味、神田さんが伝えたいこと、きちんと理解できているつもりです。
時間をつくりまたお邪魔いたします。

長文のコメント、失礼しました。
PASSIONE 亀岡 
From. カメ at.2015/07/08 10:56
カメさん
ごぶさたしております。
確か、大きな事故をされたというようなお話ではなかったでしょうか?

助かった命に特別な意義を持たせる必要はないと思っていますが、何かの役に立つならと、50歳を機会に自己開示を始めてみました。

お店は室町蛸薬師に移動しましたが、またのぞいてやってください。

大場さんとも繋がっておられたんですね!!
ありがとうございます!
From. 神田 at.2015/07/08 11:07









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS