<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『その視線の先には?』 | main | 『あなたも赤ちゃんですか?』 >>

『それは敵ではない!』

競合相手、気になりますね。

美容室の人なら駅前に新しくできた美容院 とか
寿司屋さんなら道路向かいの回転寿司屋 とか
同業のカウンセラーがどうなのか?

気になりますよね〜

でも、実はそれは競合相手ではありません。


私の経営するお店はおそらく日本に一軒だけの手製本ノートの専門店。
「競合がなくていいですね」
とよく言われます。

でも手製本ノートのお店があったとしても競合店ではないのです。



競合と考えるのであれば例えば
「アロマグッズ」だったり、
「ワイングラス」だったりするのです。


つまり、
プレゼントに何を選ぶか?」
という世界での競合なんですね。


職人さんが握る寿司と回転寿司では迷いません。


回転寿司と迷うなら
焼き肉食べ放題に行くか? という選択肢です。
(あるいは給料日前という環境だったり)


美容院にとって、
薬局で買えるカラーリング剤が、競合相手かもしれません。


だとしたら業界全体で
市販のカラーリングよりも
「やっぱり美容室でしょ!」
という価値観を定着させる方がいい。


自分の業界から一歩も二歩もひいて世界を眺めましょう。
人が求めている本質を違った視点で考えることができます。


もっと大きな世界に挑んでいきましょう!



にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE
16:29 | comments(0) | -
 

Comment