<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『大風呂敷?それとも背伸び?』 | main | 『それは敵ではない!』 >>

『その視線の先には?』

時々、うちの猫は壁の一点をじっとみつめていることがあります。
何をみているのか?ちょっと怖いですが、とても気になります。



そして人間には人の顔を認識するセンサーがついているそうです。
写真の中に人物が入っていると、まずその人物の顔に目がいきます。

顔はインパクトがあるんですね。

そしてその顔がどこを向いているかがとても気になるのです。
つまり視線の先です。


これをデザインにあてはめると、
顔写真の目線の先に一番重要なキャッチコピーを入れると
効果的にメッセージを見てもらうことができます。




これを形而上的にあてはめて考えると
その視線の先にあるものとは その想いの先にあるもの
になると思います。

その商品や情報を提供するあなたの目線の先、つまり想いの先に何があるのか?

「早く儲けて楽したいんだよな」
「俺ってスゴイでしょ」

これがあなたの視線の先にあるとしたら??

一緒にみつめたくなる、そんな夢を描きましょう!








にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE
13:43 | comments(0) | -
 

Comment