命の期限を経験した人だけでなく、全ての人に生まれてきた意味があります。
それはそれぞれの魂との約束の地を目指すことだと思います。

「人は皆、志半ばで人生を終える」ならば壮大な夢を描こうと思います。
魂が震えるような夢や人生を描きましょう。
ブラックタイガーでもいい!
少し前に百貨店やホテルでの食品偽装が発覚したことがありますね。

車エビと謳っていたものがブラックタイガーだったという偽装。
不謹慎ですが、そのときに感じたのは
「ブラックタイガーって美味しいんやな」

舌の肥えたお客さんが気づかずに「美味しい」と言って食べていたわけですからね。




実はここにお客様との想いの違いに気づくヒントがあります。

「我が社の製品は・・・」
「この製品の最大の特徴は・・・」

作り手、売り手はその製品の特徴を語ろうとします。

しかし、往往にして、その語りは顧客にはあまり関係がありません。

「ふ〜ん、そうなんだ」
と思ってもらえる程度だと考えた方がいいですね。

偽装までして、
「当店では新鮮な車エビを産地直送で仕入れています!」と語っても、
多くの方は「ほほっー」と言いつつ、ブラックタイガーで満足してくれてたんです。


売り手が思う「与えられるスゴイこと」と、
お客様が満足してくださることにはズレがあるのです。

あなたが本当に提供したい価値は何ですか?

もし、ブラックタイガーしか仕入れられない時に、
車エビと偽装した料理を提供することでしょうか?


「我が社の製品は・・」
という自分メッセージではなく、お客様視点で考えてみましょう。



最後にかつて、話題になったBMWの広告の一部をご紹介しますね。

こんな人に乗ってほしいという、お客様目線のメッセージ、
今更ですが秀逸だったなあと思います。


『人生に多くのことを求める人へ』

大人の哲学をもち、子どものような純粋さを持つ人。


スーツを着こなすが、ジーンズもはきこなす人。
ITには強いが、手紙は万年筆で書く人。
夜更かしはするが、朝きちんと起きる人。

:自分の誕生日は忘れても、約束の時間は守る人。


(本当は30項目位あったような・・)

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp
21:05 ブランディングの意義 comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS