books
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『本は世界を変える』 | main | 僕がノート屋をはじめたワケ >>

『いい話だけど売れないよ』

僕は長く出版社の外部編集の仕事をしていました。

そのときに一番聞いた言葉は
     
「いい話だけど売れないよ」
     
売れるように書き直し
売れるテーマに変更し
売れやすいキャッチコピーや
タイトルを考えました

  

      

出版というビジネスでは
「売れること」
「ベストセラーを出すこと」
が最重要課題です。
     
もちろん、僕も売れると嬉しい
売れてほしいと思う。
    
ではベストセラーにならない本は
悪い本だろうか?
  
1万部売れていない本は
ダメな著者なんだろうか?
   
いつもその葛藤の中にいました。
   
   
順位をあげたり、増刷するために
知人や受講生に書店巡りをお願いし
10冊位を買ってもらい裏で返金
(といいつつ返金請求しづらくて
 結局買ってくれたり)
なんて手法もよく使われます。

  

それはなんのためだろう??
  
本に限らず、
仕事・ビジネスなんだから
売れるモノを作るのが当たり前
売れるモノが正義!
     
   
でも僕は少なくてもいいから
本当に必要な人に届く本を
作りたいと思いました。
  
書き手と読み手の
心が共鳴するような
魂が震えるような本を
作り出したいと
思いました。
   
それが僕が出版社を始めた理由です。
   
著者が何をして生きて行く人か?
著者の魂がどこにむいているのか?
そんなところから絞り込みます。
    
余計なお世話なこともあります。
でも本を出してくださった方々が
使命に出会えたと言ってくださいます。
 
ベストセラーを目指す出版ではありませんが
著者の魂のような本を作っています。
    
    
    

 

 

 

   

出版のご相談どこにしたらいいの?

と多数ご質問いただき、ありがとうございます

 

また出版に限らず、

パンフレット等商品や会社、ご自身を伝えるツール作成

をご相談ください。

   

  

銀河出版舎のサイト

またはメールでご連絡くださいませ。

    

今年は京都でも出版セミナーや伝える技術ゼミを

スタートさせます

お待ちください。

 

 

 

 

   

   

 

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

 

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1990年準備室を立ち上げ、1992年面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
29年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

大手出版社の外部編集者として2000冊以上の出版を手がけ、自社で300冊出版、100名を越えるインタビュー誌作成

   

12年目の4刷りとなりました

08:53 | comments(0) | -
 

Comment