books
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 思い出のKen、Bill、Nancy | main | 『世界を変える美しい本』 >>

『編集の力』インディーズ出版と自費出版の違い

  
僕の前回の出版のときも
編集者がつきました。
当時、まだ20代の女性編集者。
      
僕にとっては半自伝的内容。
僕にしかわからないと思っていました。
      
その編集者から
「三章の最後が物足りない、
 もう少し足してください」
と言われました。
   
僕としては書き上げた感も満載。
「なにか足せって?
 何かってなんだよ!💢」
    
   
編集側の仕事のときは
心を鬼にして
時には著者と言い合いになっても
修正、加筆をお願いします。
     
そのくせ、自分ごととなると
途端に「うるっせい!」モード
を発揮してしまうのです。
    
  
しかし、本が完成して
読者からいただいた感想では
その加筆した三章の最後が
圧倒的に評判がよかった・・・
  
完敗です。
編集の力のすごさを思い知りました。
   
    

インディーズ出版と

自費出版の違いについて

       
自費出版は著者がただ書いたものが
そのまま本になります。
       
プロの編集もなく、
誤字やおかしな文章でも
そのまま本になってしまいます。
       
音楽でいえば
自宅で自分で演奏して歌っている感じですね。 
    
You tube なんかにもたまに
素人さんがご機嫌に歌ってる映像が
アップされていますが
良くも悪くも、あんな感じです。
     
      
インディーズ出版は
販売目的ですから
お客さんとしての
聞き手、読み手が存在します。
      
当社ではもちろん
プロの編集者がつきます。
  
音楽でいえば
プロデューサーや
アレンジャー
時には演奏をプロが請け負う感じです。
   
     
どんなに文章を書くのが得意な人でも
編集の入らない文章は
ただの自己満足だと思います。
     
『自費出版』は自己満足でもいいのです!
誰も読みたくないものに
なったとしても・・
    
出した人が出したいように
作ればいいのです。
  
  
インディーズ出版は
数が少なくて
マイナーとはいえ
プロの編集の力を
加えたものとして
考えています。

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

  

   

  

   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

14:28 | comments(0) | -
 

Comment