<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夢を描く』 | main | 創業シリーズ「あの時の情熱の未来にいる」 >>

『#ノートは文化』

世代を超えて

受け継がれるものを

文化と呼ぶのであれば

   

『ノートは文化』

だと思います。
   
私たちは
先人の言葉や体験から
書物を通して
知識だけではなく
その心を受け取っています。
    
ノートはその書物の原点です。
  
   

東日本大震災から一週間後、

朝日新聞の記事に中学生の投稿文を見つけました。

    

 
「自宅が流され、

手元に残ったのは1冊の教科書だけ。

書きたいことがいっぱいある。

ノートがほしい。」

      
当時、その言葉に応えたくて
気仙沼の中学校に
できるだけカラフルで華やかな
リエノノートを送りました。
    
        
書き残したものが
世代を超えて
いつか誰かを支えます。
       
デジタルは便利で
私も愛用しています。
         
しかしノートには
手書きの文字には
心を揺さぶる力があります。
   
「ノートに書く」
「ノートに夢を描く」
これを文化として後世に伝えたい。
  
あの時に悲しみも
あの時の喜びも
ノートは静かに受け止め
美しい思い出に変えてくれる
美しいノートリエノは
リエノのデザインが
美しいだけではありません。
ノートの持つ佇まいそのものが
美しいと思っているのです。
 
 
ノートのご愛用者の方
ぜひ一緒に
「ノートは文化」を盛り上げてください。
   
#ノートは文化
#夢を描く
のハッシュタグをお願いします!

 

********************************************************************************

「夢が叶うノート2019版」

先行ご予約スタートしました!

 

********************************************************************************
■リニューアルした夢ノート講座 毎月定期開催
10月13日(土)13:30〜17:30

11月17日(土)13:30〜17:30

12月15日(土)13:30〜17:30


受講料3,000円(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

  

*******************************************************************************

      無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

 

 

    

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                           

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

代表取締役 神田樹希

    

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
26年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

15:25 | comments(0) | -
 

Comment