神降臨!

デザインや執筆の仕事をしていると

「神降臨!」

と思える瞬間があります。

 

 

何も浮かんでこない

真っ白・・・。

焦れば焦るほど、ますます真っ白。

  

 

ところがある時、突然、手が動き出すのです。

  

 

ここにこのイラスト、

こっちの背景にはあの写真

 

 

色、パーツ、位置、

すべてが必然として、全く迷うことなく

考えることさえせず、

配置されていきます。

  

ありえないスピードでどんどん完成していく。

  

 

あとでなぜそれができたのか?

全く思い出せません。

 

自分がやったというより

誰かが導いてくれたとしか思えない。

 

神降臨!

 

 

それをもし『才能』と呼ぶのだとしたら

自分にデザインの才能があってよかったと思える作品ができました。

 

「セラピストマインド」

 

僕の友人、片岡美沙さんの著書のデザインをさせていただきました。

 

いつもはふざけて、呑んだくれてワチャワチャ騒いでいるだけだけど

僕が何かあったら一番に相談する人

 

妻の栄心が時々「美沙ちゃんにあいたいな」と呟く人

 

僕達夫婦は彼女の優しさとピュアさとまじめさをよく知っています。

  

そんな美沙さんの心の奥をイメージし、

優しさと純粋さと大きさを

深海の深さと射し込む光と底できらめく宝石のような輝きで

表現しました。

 

まっ、神降臨中は何も考えてないので

後付けだけどね〜

 

にしても、どうして神様は

いつも深夜にしか降りてこないのかな

 

お昼2時とかに訪問してくれても

全然、歓迎するのに・・・。

 

 

その現物が届きました!

いいね!
最後まで迷ったけどマットPPの表紙も良いね!
自画自賛、悦に入ります。
 

ご予約はこちらから

 

============================================

■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

17:35 デザインとは? comments(0) -
熱情と微熱
おひさしぶりでございます!
色々なことをリセットし、大断捨離を行い、基本に戻っておりましたら6月が瞬く間に過ぎていきました。

 
デザインコンサル、手製本lleno、ラストラブレター、
今、私が取り組んでいることですが、
結局、すべては同じ想いから生まれ、
そして私自身の人生そのものなのだと気づきました。

なのでこのブログも「神田樹希のデザインライフ」としてリニューアル、
この3つのことを書いていきたいと思っています。

あらためてよろしくお願いします!


私の好きな言葉は「PASSION」・・情熱、熱情ですが、
どちらかと言えば、ずっと微熱を帯びた人生だった気がいたします。

最近、20年以上携わらせて頂いた仕事がひとつ区切りを迎え、感慨深い思いでいっぱいです。
20年以上が過ぎてもあの頃と心持ちは何も変わっていないのです。
あの頃からずっと微熱状態です。

もう少しこの微熱の行方を追いかけてみようと思います。



にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

VOICE


■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno
01:08 デザインとは? comments(0) -
『追随を許さない!』
なんと三週間ぶりの投稿になってしまいました。

何をしていたか?

じゃ〜ん、実はlleno新作の試作です。
以前からご要望が高かったシリーズを遂に商品化!

ノートといえども、割に緻密な計算が必要です。
おまけに紙は伸びるんです。


問題は私が職人気質ですから、凝りすぎる傾向があります。
社長が職人というのは実は問題が大ありなんですね〜

『追随を許さない仕上がり』
そうなると誰も真似できない、つまり社長がいないと・・・という
経営的にはドツボにはまりかねません。


今回もやってみて気づきました。
大抵の人がイラっとするような、0.5mm単位の試作の繰り返し。
気がつけば鼻歌でした・・・。

楽しいんですね、ワクワクしてるんです。
幸せです。
 

しかし、一旦、完成したら、誰でもが作れる仕組みを考えます。
パーツの数、作業工程の簡略化。

簡略化ができないものは、どんなに出来がよくても
商品化はしないと決めています。


しかも残念ながら、ワクワクと自分が楽しんで仕事ができるのは幸せですが、
このワクワクとお客様のワクワクは一致しないのですね。

ワクワクを共有してもらうのはきちんと商品化してからです。

というわけで何ができるかはもうちょっとお楽しみに!!

 
写真は15年一緒にいる愛猫。
Goodタイミングで定規を押えるあたり、助手として心得てます!




にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE
21:22 デザインとは? comments(0) -
『見ることのない未来のために』
年間、数十名の学生さんの面接をします。
時々、数百名の学生さんたちを前に講演したりもします。

真面目だし、義理堅く、穏やかな人が多いという印象です。

「年収200万〜300万でも十分なんです」
「車や家もいらない」
「デートは自転車でどこでも行く」

穏やかで質素な暮らし・・、それはそれでいい、素敵だなと思います。


では、私はなぜ、現状維持ではなく、次の夢を目指すのでしょうか?

それは決して見ることのない遠い未来のためではないかと思います。



脳科学者である友人に、今の研究の成果は何年後に出るの?
と尋ねたことがあります。

「自分が生きている間は無理だろうな」

その未来が続くことを信じて、次へと繋ぐ研究を続ける人がいる。

もし過去の人たちが、その時の自分だけの幸せを考えていたとしたら、
今の私たちの暮らしはあっただろうか?


志半ばで倒れた人の意思を誰かが継いで
今の医療があり、今の豊かさがあります。


自分のためだけならば、諦めることも投げ出すこともたやすいかもしれない。

しかし、次に続く誰かの幸せを信じて進化をやめない。
私たちの仕事もそうでありたいと願います。



未来のためでなくても、
ほんの少し、自分以外の周りの暮らしに目を向けてください。


病に伏せる人、年老いていく人、障害を持つ人、災害で苦しむ人、
もし自分が少しだけ手を広げることができたとしたら、
それが誰かを勇気づけ、何かの役に立つかもしれません。


社会貢献はボランティアや寄付だけではありません。
納税と雇用、それを続けることが大きな社会貢献だと思います。


誰かの幸せのために、
未来の誰かのために、
その思いがあれば、きっとその壁を越えることができます。



 



にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE
22:52 デザインとは? comments(0) -
『万緑叢中紅一点』
「動人春色不須多」
と続きます。

見渡す限り緑の草原に、鮮やかに紅色の花が一輪、
人を動かすに春色多きを須いず

人の心を動かすのに多くの色は要らない

商品の特徴やあなたのアピールポイントはたった一つあればいいのです。

名刺の裏にたくさんの資格を羅列する人がいますが、
私はあまり感心しません。

ウリが少ないと嘆く必要もありません。
むしろたったひとつの特徴を研ぎすましましょう。


この詩は王安石『詠柘榴』です。
つまり紅色の花は柘榴です。(春というよりは初夏の花ですが)

柘榴は割ってみると無数の果肉の粒が現れます。

たった一つでもそれを掘りさげ、充実させ、
柘榴の実のように驚くような中身に育てましょう。







にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は

デザインコンサルティングVOICE



 
22:27 デザインとは? comments(0) -
『A00』
ーA00ー
これはHONDA魂と言われる、本田技研工業に息づく判断基準です。

「どんな世界を実現するための仕事なのか」


製造に関わっていると技術開発、技術革新が重要なテーマになります。
いかにコストダウンしてパフォーマンスをよくするか?
これが目的になりがちです。

しかし「コストダウン」も「性能アップ」も手段であって目的ではありません。

何のために性能アップさせるのか?
それを見失わないためにHONDAには「A00」という指針があり、必ずそこに立ち戻る考え方だそうです。

そして
何のために?
を突き詰めると
「目の前の人を幸せにすること」



これは自分や自分の家族、自分の会社さえ良かったら・・
ということではもちろんありません。

でも世界や人類のためにと言う前に
まずは目の前にいる人のことを一生懸命考えることに立ち戻りましょう。
 

いつも来てくれる「あの人」をイメージして
その人が喜んでくれることは何だろうか?と考え抜きましょう。


「もっとたくさん人や広い世界に」
「人類や世の中のために」を

目の前の
「この人を幸せにするために」
「この人に伝える方法」
にシフトを戻しましょう

それがいずれ世界を変える力になるのだと思います。


デザインに限らず、モノ作りは

「もっと幸せにするために」
が「A00」です。




 
にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp
16:41 デザインとは? comments(0) -
『踊り場で踊れ』
「次の商品で大ヒットするデザインをお願いします」
 
と、あからさまに言う人は少ないですが、
ようするに、そういうこと願っている人、結構いますね。

ヒットではなく、「ヒット」ってところがミソです。

起死回生!
一発逆転!
社運を賭けて!

はっきり言って 無理 ですから。

デザインだけではなく、ブランディングそのものがコツコツと積み上げていくものだと思います。
かっこいいロゴを作って、大げさなミッションを掲げたり、
ましてや一発当てて、知名度をあげることではありません。


未来は今日の延長線上にあります。

階段を1歩ずつ上っていくしかないのです。

でも、暗くて無機質な階段とは限りません。
陽が射したり、風が吹いたり、花が咲いているのが見えることがあります。

遠くに階段の頂上らしきものが見えているかもしれないし、
実は見えないその先にまた階段があるかもしれません(たぶんあるでしょう)。



階段をのぼることは苦行ではありません。
いかに楽しくのぼっていくか?

その道のりの横をいつのまにか伴走してくれているお客様の姿
気づくでしょう。
それがブランディングというものだと思います。

そんなことしてたら間に合わないよ〜、という人には
「では踊り場で踊っててください」
とお願いします。

誰かが一歩ずつ、階段を上がってくれる間に
あなたが踊って、歌って、時間を稼ぐのです。

私の中ではイベントや企画ものってそんなイメージなんですよね。




にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を

デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp
17:02 デザインとは? comments(0) -
『人生もデザイン』
誰もデザインと無関係に生きられません。
 
デザインとは装飾するという意味が大きいですが、 
私は広義には「計画」という意味にとらえています。

何のために、どこをどんな風に目指すのか?
その綿密な計画です。



旅の計画もデザインです。

どこに向かうのか?
・・なぜそこにいくのか?
どんなルートで?
・・最短に美しい路線、それとも遠回りでも情感たっぷりな旅路


人生もデザインです

なぜその道を選ぶのか?
何を大切に、何を捨て、何を繋ぐのか?

誰と行くのか?

シンプルに?、ゴージャスに?、シャープに?

人生にどんなデザインを描きますか?
より美しく、より鮮やかな計画を




デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
00:36 デザインとは? comments(0) -
まず!あなたです
デザインには理由が必要です。
デザインの意味を論理的に説明できなくていけません。

しかし、「人は感情で動く!」ということも大切なデザインの要因です。

何かワクワクすることであった時に「好き」という感情が動きます。
また逆に「ワクワク」する行動ができるとそれが好きになったりもするのです。



ではワクワクしてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

「好きなことを突き詰め、あなたがワクワク生きること!」

なんだ、そんなことか!と思われるかもしれません。

私がたまにllenoのお店にいるときは
お客様とマニアックな紙や筆文具の話で盛り上がります。

時には「他社のノートではどれが好きか?」
というノート屋の社長としては、タブーの話題をしていることもあります。

専門的な知識をひけらかすのではなく、
同じ目線で一緒に盛り上がることができるとお客様の顔が輝き出します。

その場に居合わせた人にも「なんか楽しそう」と気持ちは伝染していくようです。


ノート屋だからノートの話である必要はありません。


職人仕事の裏話もしますし、コーヒー、
チョコレート、などの話をすることもあります。


「何の話をするか?」
 ではなく
 
「どんな話をするか」

これがデザインでも
大事なことです。
 
どんなワクワクを伝えられるか?

そのためには私たち自身がワクワクと生きてるかどうかです。


不満や悪口、愚痴、芸能人のゴシップばかりを
聞かされたらげんなり、がっかりしますよね。

逆にあまり高いところから話をされてもワクワクはしません。

「なんかわらかないけど、この店は楽しそうだなあ〜」
「この人ホンマにこれが好きなんやなあ〜」
と思える人やコトに人は集まっていきます。

「どうしたら売れるんだろう?」の前

まずはあなた自身がそのことでワクワクしてますか?



デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
08:44 デザインとは? comments(0) -
経費ではなく投資です!
「美しくない」

ドラマの主人公の真似ではありませんが、
私は名刺を頂いた時に瞬時にそう判断してしまうクセがあります。

27歳で印刷デザイン会社を始めた時に、
大先輩の70代の印刷会社社長に何回も言われたことは
「名刺は顔や!掠れた文字や滲んだ印刷はもってのほか、どの印刷物より神経を使え」


確かに昔は名刺のためだけに金箔を押したり、ロゴを空押ししたものが多くつかわれていました。


時々、家庭用プリンターでご自身で作った名刺をいただくことがあります。
飲み会の席で頂くことも多いので、濡れて文字がにじんだりしていると思わず
「美しくない」と思ってしまうのです。

そして一番良くないのは名刺が素人だと
その人の仕事までが素人くさく見えてしまうことです。

名刺は一番最初に、そして一番多くの人に受け取ってもらえるあなたの最強の営業ツールです。

そこを手抜きしたり、けちったりしてはいけません。

名刺は経費ではありません。投資です。
その名刺1枚でも仕事につなげることができます。

「名刺は顔」あなたの一番美しい顔を晴っていきましょう!!




デザインコンサルタント 神田樹希
*********************************************
株式会社樹希社
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。  
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。  
2012年、lleno室町店を開業

■デザインコンサル、ブランディングのご相談は
info@ikkisha.jp


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
13:37 デザインとは? comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS