books
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『本は世界を変える』

糊の作り方から製本の手法を

古書の修復の方に教わりました

 
「何百年後、必ず修復するときがきます
 その時の職人にも伝わる手法で
 修復をしています」
 
その言葉に感動しました
 
ペーパレスの時代、
紙の本は無くなると言われますが
修復の方は
『何百年後に修復される』
信じていました
 
信じた世界が現れると
僕は思います
 
僕は本は人生を、世界を変えると
信じています
 
電子書籍も使いますが、
大切に思うものは紙の本で持っています
    
あの紙の手触り、
インクの匂い、
本の重量感
そして作り手のエネルギー
を感じながら
本を読みます
  
  
言葉なんて役に立たないと思うことがある
言葉が誤解を生み、争いをつくることがある
 
それでも僕は言葉の力を信じている
言葉にしなければ伝わらない
 
そして手書きの文字の温かさや懐かしさ、
うまいヘタではなく、
手書きの文字の美しさを僕は知っている
どれだけ時代が進んでも僕は書くことを手放さない
(美しいノートlleno パンフより)
   
写真は 
熱烈なファンの方が多い
喜多川泰さんの書籍です
 
『ONE WORLD』で
実は口絵に私のお店
llenoの商品写真を使って
いただいています
喜多川さんも
「本は世界を変える」
とよく書いておられます
  
僕ら作り手が
それを信じている限り
本はなくなりはしない
 
 
  
   
   
出版のご相談どこにしたらいいの?
と多数ご質問いただき、ありがとうございます
また出版に限らず、
パンフレット等商品や会社、ご自身を伝えるツール作成
をご相談ください。
   
  
またはメールでご連絡くださいませ。
    
今年は京都でも出版セミナーや伝える技術ゼミを
スタートさせます
お待ちください。

 

 

   

   

 

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

 

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1990年準備室を立ち上げ、1992年面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
29年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

大手出版社の外部編集者として2000冊以上の出版を手がけ、自社で300冊出版、100名を越えるインタビュー誌作成

   

12年目の4刷りとなりました

11:23 | comments(0) | -

オススメの本「誰もいない場所を探している」

今日は三寅詣り
寅の月、寅の日、寅の刻
にお詣りです
      
寅の刻って明け方の3時〜5時、
というわけで
午前2時起床し、護摩法要、大般若経、
そして山頂のお堂へ登ってきました
      
鈍った体には登りはキツくて
「ああもう今年が最後かもしれない」と
絶望的な気持ちになりました。(←これ毎年)
無事お詣りできてよかった・・
===================   
さてさて、本題!
  
朝方に行を終えて、お気に入りのカフェへ
そこで素敵な本と出会いました。
  
もちろんうちの出版ではありませんが
良い本はどんどん紹介していきます。
    
「誰もいない場所を探している」
庄野雄司 著(発行:ミルブックス)
 
四国にある珈琲屋さんが書いた本です。
  
お金も人脈も才能もない、
それに夢や希望さえない私でも、
何とかフリーランスで十年生き延びることができた。
・・・・・・
・・・・・
生まれてこの方、世界と折り合いをつけることができず
悪戦苦闘し、今もうまくできなくて
日々格闘している私のような人間でも
何とかやってけるんだよ、と伝えたい
      
とってもゆるーい感じの本かな?と
読み始めましたが、
これこそビジネス書なんじゃない?
小さなビジネスに大事なことがいっぱい
    
そして30年前
お金も人脈も知識もなかった
僕の創業時の想いと重なって
思い出して涙が出てきました。
   
こんな思いをしたなあ・・
 
もうダメか・・と思う時に
あの人に助けてもらったなあ・・
と忘れていたことを思い出しました。
     
自分で何かを始めようとしている人に
本当にオススメします。
 
ゆるーい人かと思いきや
  
「覚悟のないものに光は見えない」
「時代の流れやマーケティングなんて
 言葉に騙さちゃいけない。
 私はこれからも、お客さんを
 見て生きていく」
  
筋の通った軸がぶれない言葉に
ハッとします。
   
ただ目の前のお客さんだけを見て
「美味しい」と言われる珈琲を作り続ける
そして「美味しい」を決めるのは
自分ではない。お客さんだ。
  
  
『仕事とはこういうものだよね』
っといろんな雑念が削ぎ落とされた気がします。
   
「四国まで珈琲を飲みに行こう!」
と思いました
ご一緒しませんか?
    
      
  
★庄野さんは何冊も本を出されていました
★そして地元では有名な方みたいです
   
  

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

 

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1990年準備室を立ち上げ、1992年面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
29年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

大手出版社の外部編集者として2000冊以上の出版を手がけ、自社で300冊出版、100名を越えるインタビュー誌作成

   

12年目の4刷りとなりました
17:59 | comments(0) | -

『たった一人に宛てる手紙のように・・』

僕は文章を書くとき

新しいデザインや商品を作るとき

 
たった一人に宛てた
手紙を書くような
 
そんな気持ちで
とりかかります。
 
   
美しいノートリエノは
ある一人の人をイメージして
作ったお店です。
   
   
そう言うと
他の人には
来てもらわなくていいの?
と聞かれます。
   
もちろん
そんなはずはありません。
    
誰にでも愛され
誰にでも喜ばれるモノ
     
それが作れるならば
それが一番です。
     
でもそもそも僕の嗜好は
マニアック、
偏っています。
      
だから
僕は僕が喜んでほしいと
思うある一人の人に
向けてデザインを
しました。
     
そうすると
僕の大好きなその人に
よく似た人が
たくさんお店に来てくれるように
なりました。
    
また僕の本は
ある人への追悼
として書きました。
    
それは誤解を生み、
賛否分かれたこともあります。
       
でも僕はただ一人の人へ
届けたい言葉があったのです。
     
だったら手紙か日記で
いいのでは?
と言われます。
    
そうです!
僕は書籍も
たった一人の人に宛てた
手紙のようなものだと
思っています。
 
歌手の人が
たった一人の恋人のために
歌を作るように・・
作家は
たった一人の人に宛てた
本を書くのです。
 
僕はそれが一番
人の心を揺さぶる
読み物になると
思います。
 
まずは目の前の
たった一人に人に
    
そして大切な
目の前の100人に
   
友達の輪の中で
広がった
300人、500人の人へ
    
そういう出版をしたいと
思っています。
   
それをインディーズ出版と
名付けました。
  
 
 

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

    

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

22:16 | comments(0) | -

『編集の力』インディーズ出版と自費出版の違い

  
僕の前回の出版のときも
編集者がつきました。
当時、まだ20代の女性編集者。
      
僕にとっては半自伝的内容。
僕にしかわからないと思っていました。
      
その編集者から
「三章の最後が物足りない、
 もう少し足してください」
と言われました。
   
僕としては書き上げた感も満載。
「なにか足せって?
 何かってなんだよ!💢」
    
   
編集側の仕事のときは
心を鬼にして
時には著者と言い合いになっても
修正、加筆をお願いします。
     
そのくせ、自分ごととなると
途端に「うるっせい!」モード
を発揮してしまうのです。
    
  
しかし、本が完成して
読者からいただいた感想では
その加筆した三章の最後が
圧倒的に評判がよかった・・・
  
完敗です。
編集の力のすごさを思い知りました。
   
    

インディーズ出版と

自費出版の違いについて

       
自費出版は著者がただ書いたものが
そのまま本になります。
       
プロの編集もなく、
誤字やおかしな文章でも
そのまま本になってしまいます。
       
音楽でいえば
自宅で自分で演奏して歌っている感じですね。 
    
You tube なんかにもたまに
素人さんがご機嫌に歌ってる映像が
アップされていますが
良くも悪くも、あんな感じです。
     
      
インディーズ出版は
販売目的ですから
お客さんとしての
聞き手、読み手が存在します。
      
当社ではもちろん
プロの編集者がつきます。
  
音楽でいえば
プロデューサーや
アレンジャー
時には演奏をプロが請け負う感じです。
   
     
どんなに文章を書くのが得意な人でも
編集の入らない文章は
ただの自己満足だと思います。
     
『自費出版』は自己満足でもいいのです!
誰も読みたくないものに
なったとしても・・
    
出した人が出したいように
作ればいいのです。
  
  
インディーズ出版は
数が少なくて
マイナーとはいえ
プロの編集の力を
加えたものとして
考えています。

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

  

   

  

   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

14:28 | comments(0) | -

思い出のKen、Bill、Nancy

もう25年位前のことです
当時、中学生だった方、
(今、40歳手前頃の方)
     
もしかしたら
もしかしたら
僕が作っていた英語の教科書を
使っていただいていたかもしれません!
   
 
大手の教育出版社の仕事で
英語の教科書や参考書の
イラストやページレイアウトを
しておりました。
   
イラストは主に
登場人物の
Ken
Bill
Nancy
   
時々、
橋(bridge)
椅子(chair)
なんかの絵も書きました。
    
実は私、大学は経営学部。
デッサンなど
ちゃんとならったことがありません。
      
漫画も書いたことがなかったのです。
       
何に苦戦したかというと
同じ人物の正面の顔と横顔です。
    
  
こうなるか!くらいの別人さです。
   
    
今や教科書のイラストも
萌えアニメのようで
エレン先生なんていうスターも
生まれているそうですね〜
   
    
当時は仕事の一つとしか思っていなかったです。
自分が何かの教科書を作ると思ってみると
伝わりやすいものができるように思います。
     
どんな小説を題材に選ぶでしょう?
伝記としてどんな人の生き様を伝えたいでしょう?
   
「意図する」ってとても大切です。
文章を書くときも
誰に何を伝えてどうなってほしいか?を
意図すること。
    
逆に言うと、
万人受けするものでなくていい・・
万人受けする話は誰にも響かない
と思っています。
    
  

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

  

   

  

   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

01:11 | comments(0) | -

復活の狼煙!『100冊出版』ーインディペンデントレーベル

出版の仕事を数年間おやすみしていました。
         
昨年春、やはりこの仕事をしたい!と思い、
『銀河出版舎』を復活させました。
      
印刷業界、出版業界に長くいました。
大手の編集や企画を請け負っていた時期も長かった。
      
出版とはこうあるべき!
という枠ががっちりありましたね・・
       
今、出版社から出る本は
最低3,000冊、
できれば1万部売れる本
というのが前提ではないでしょうか?
    
3,000冊、これなかなかの数字です。
    
この画像は50冊の包みが20個、約1,000冊、
子猫が20匹乗っております。
   
 
    
3,000冊だとこの3倍、
子猫60匹
      
10,000冊だと10倍
子猫が200匹ですね!
     
    
それだけの数が見込める一般の人は
どれくらいいるでしょうか?
     
それだけの数が販売できない人は
本を出してはいけないのでしょうか?
      
著名人や芸能人でなくても
おもしろい人やすごい人が
たくさんいます。
       
市井の人々に光をあてる
そんな本を作りたいと思っています。
         
まずは目の前の100人に伝わる本を
作りましょう。
それを『100冊出版』と名付けました。
           
インディペンデントレーベル
つまりインディーズ出版です。
         
音楽業界のインディーズには
カリスマみたいな人がたくさんいます。
        
むしろインディーズで出したいという
メジャーもいるくらい。
          
書籍にもそんな世界があっていいと思います。
       
メジャーと自費出版の間に位置する
『インディーズ出版』という新しい体系。
   
    
僕たちは
文章の編集だけではなく、
デザイン、
印刷、
紙のセレクト
装丁、
製本、
そのすべてにおいて
プロとして
仕事をしてきました。
    
このすべてを一人でできる編集者は
他にはいないと思います。
 
そしてマーケティングのプロの
助っ人にもお力添えいただき、
出版後のサポートもできるように
なります!
 
出版はゴールではありません。
あなたの人生を棚卸しして
過去の自分を認め、
次に進むための最強のツールです。
 
私たちがとてもワクワクしています!
================================= 
=================================
  
   
  
   

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

18:44 | comments(0) | -

『100冊出版』

新しい出版のカタチ、
模索中です。
 
その一つが『 100冊出版』
ハンドメイドBOOKを実現したい・・
早く公開したい気持ちでいっぱいですが、
焦らず、一歩ずつ進んでいきます!

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

23:47 | comments(0) | -
1