books
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『僕がノート屋を始めたワケ』父の遺したノート

このテーマはコラムとしてマスコミにも

何度か取り上げていただいたので

ご存知の方も多いかもしれませんが

あたらめて・・
************************************
        
僕は元々はデザイン事務所を
経営していました。
   
依頼を受けて
誰かの為にデザインをする
仕事です。
    
   
そんな中
自社ブランドとして
立ち上げたお店です。
   
なぜノートなのか??
実は僕には忘れられない
ノートがあります。 
    
   
32歳、僕は悪性リンパ腫瘍
という病気を発症しました。
    
一ヶ月を越える検査のあと
医師から告げられたのは
「ご家族を呼んでください」
という言葉でした。
     
それがどういう意味なのかは
すぐにわかりました。
         
命に関わる病気であること
家族の同意が必要な治療であること
          
家庭の事情で
子どもの頃から
父と一緒に暮らした時間は
ほとんどありませんでした。
     
        
ご家族を呼んでください、
という告知の場面にも
父は現れませんでした。
    
悲しくもなく
そんなもんだろうな・・
と思っていました。
  
   
その後、僕の入院治療は
11ヶ月に及びました。
     
そのちょうど折り返しの6月
突然父が脳内出血で倒れました。
前日まで元気にいつも通りだったと
聞いています。
    
朝、起きてこない父を
家族が見に行ったところ
高いびきで、もう意識はなく、
顔はパンパンに膨れていたそうです。
   
それから約二週間、
意識が戻ることはなく、
     
僕が6回目の抗がん剤治療の最中に
亡くなりました。
  
        
僕が退院をして
実家に戻り、
父の遺品整理をしていた
ときのことです。
     
父の引き出しから
黒いノートが
何冊もでてきました。
   
それは日記とも呼べない
記録帳のようなノートです。
      
「カメラを買った」
とか
「◯◯へ飲みに行った」
とか
たわいもない日々の記録でした。
     
  
その最後の方のページに
「樹希 入院」
「点滴始まる」
という文字がありました。
    
なんの感情も書かれていない
たった数行の日記
      
それだけで父の思いは
十分伝わってきました。
     
僕は父に愛されていたのだと
知りました。
      
 
もしあのノートがなければ
今も父はいないものと思って
生きていたかもしれません。
  
    
僕たちはたくさんの
伝えきれていない想いや
言葉にできなかった気持ちを
抱えて生きています。
    
    
書いてのこした言葉が
誰かを支えることがあります。
      
ノートはそれを
静かに受け止め
思い出に変えてくれる・・
   
特別な文具だと思います。
 
   
   
    

================================= 

銀河出版舎 

 

森綾さんの書き方セミナー

=================================

    

********************************************************************************
■夢ノート講座 毎月定期開催
2019年3月16日(土)13:30〜17:30
受講料3,240円

(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

      

*******************************************************************************

 無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

             

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                            

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

   

代表取締役 神田樹希

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
27年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

23:16 | comments(0) | -

創業シリーズ 本日26周年、27年目に突入!

本日、創業記念日です。

丸26年、明日からは27年目に突入!
   
今、53歳なので人生の半分がすぎました。
   
あと27年頑張ると80歳。
そこまでがんばるか!
となると今日がまだ折り返しですね、ふう。
  
僕は典型的な展開型なので
27年前に今のヴィジョンがあったはずもありません。
人からは行き当たりばったりに見えるようですが・・
残念ながら確かに行き当たりばったりです。
  
でもずっと一貫してきたことがあると気づきました。
それは「夢や希望を与えることが仕事!」だと思っていたことです。
  
  
今回その活動をまとめてみました!
『Socia lAction』
   
  
社会貢献をしたいという相談をよく受けます。
僕は社会貢献という言葉が苦手です。
  
共に生きる仲間であり、
ビジネスパートナーであることを
大切にしています。
  
会社は社会貢献というより
社会的責任という方がしっくりくる気がします。
   
僕らは貢献をして良いことをしているのではない。
会社を経営することは何らかの社会課題と向き合う責任があると思います。。
   
僕は日本は世界的にも裕福な国だと思って育ちました。
しかし、そうではないようです。
   
◯孤食(4人に一人)、孤育
◯子どもの貧困(6名に一人)
◯障害者、ジェンダー、高齢者の働く機会
◯元受刑者の再犯防止
◯子どもへの虐待
・・・
  
僕は様々な問題に関わる中で
一番大切なのは
「誰も一人にならない、一人にしない」
社会だと感じています。
    
一般的な社会課題の中に入らなくても
誰もが躓き、悩み、孤独になる可能性があります。
  
そして「夢をみてもしかたない、どうせ無理」
という子どもたちが増えています。
   
僕はノートを売っているのではない。
夢を見る姿を見せているんだ。
夢を描ける社会をつくっているのだ。
 
llenoのノートで
子どもたちが夢をみれる社会
誰も一人にならない社会
を作っていきます!
26歳の僕はとにかく生意気でしたね!
  
  
  

********************************************************************************

「夢が叶うノート2019版」

先行ご予約スタートしました!

 

********************************************************************************
■リニューアルした夢ノート講座 毎月定期開催
10月13日(土)13:30〜17:30

11月17日(土)13:30〜17:30

12月15日(土)13:30〜17:30


受講料3,000円(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

  

*******************************************************************************

      無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

 

 

    

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                           

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

代表取締役 神田樹希

    

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
26年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

23:30 | comments(0) | -

創業シリーズ「あの時の情熱の未来にいる」

10月は私にとって特別な月です。

会社の創業月
  
そして自社ブランドとして
「美しいノート リエノ」
立ち上げたのも10月です。
  

 

    
今月19日に、私の会社は
27年目に突入します!
人生の半分を越えました。
    
今日から少し創業時を
振り返ってみようと思います。
  
当時から
私にとって
ノートは大切なアイテム
でした。
   
創業時に書き綴ったノートを
今でも時々開きます。
  
ふだん
「無理」
「難しい」
口にしないように
している私ですが、
  
さすがに
それは無理やろ!
というような
  
おバカなアイデアが
満載のノートです。
 
  
  
アイデアとしては
およそ役に立たない
そのノートを開く理由は
  
そこには
お金も、人脈も、経験も、
何一つ持っていないのに
自分の未来をまっすぐに
信じていた僕がいるからです。
  
あれから27年が過ぎて
仲間も増え、
少しはいろんな経験もした
  
いったい何を恐れることがあるだろうか?
と、27歳の僕が今の僕に
語りかけてくるからです。
  
この情熱の未来に
今の僕はいるのです。
   
まるで息子に
叱られているような
気持ちになります。
  
書き残した言葉は
いつか誰かを、自分自身を
支えます。
  
もし、祖父や曽祖父が残した思いが
あるとしたら
それはきっと私たちは受け継いで
いると思います。
私たちは誰かの情熱の
未来に立っているのです。
 

********************************************************************************

「夢が叶うノート2019版」

先行ご予約スタートしました!

 

********************************************************************************
■リニューアルした夢ノート講座 毎月定期開催
10月13日(土)13:30〜17:30

11月17日(土)13:30〜17:30

12月15日(土)13:30〜17:30


受講料3,000円(2019年夢ノートスケジュール帳1000円割引券付き)
お申し込みはこちら

  

*******************************************************************************

      無料メルマガ

「夢を叶えるノート術

   ノートマイスターへの道」

       

こちらからご登録くださいね!

 

 

    

*********************************************

私の著書が10年ぶりに増刷になりました!

今回はライトなソフトカバーです。

  

前回までのハード表紙からすると

かなりライトですが、内容は同じです!

      

「僕だけがまだ生きてる 

  その意味を君が僕に教えてよ」

                           

============================================
・株式会社樹希社(タツキシャ)

・銀河出版舎

・美しいノートlleno(リエノ)

・Will Design株式会社

代表取締役 神田樹希

    

1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の企画デザイン会社を設立。
26年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。

300冊以上の出版を手がけ、100名を越えるインタビュー誌作成。

   

講演&セミナー

「夢を叶えるノート 未来創造マイスターへの道」

「ラストラブレター 〜最後の思いを誰に伝えますか」

「ありがとうの綴り方」

09:26 | comments(0) | -
1