< lleno店舗 世代交代 とりあえず進む>

あと10日・・・

 
llenoのお店が私の手を離れ、新オーナーの元でリ・スタートいたします。
 
昨年1月に『経営者求む!』と高らかに宣言し、30名以上の中からたった1名の店舗後継者を選抜いたしました。
いよいよ3月16日より経営者として独立いたします。
    
う〜む、全く実感がありませんな、お互いに・・(笑)
   
   
新オーナーは新婚ホヤホヤの28歳、女性。
なんと今年は『結婚』『独立』と人生で大きめなイベントを2つもやってしまったツワモノです。
底知れぬ大物感漂いますね。(・・まあ、深く考えてないだけかもしれませんが。)
   
   
良くも悪くもそこが新オーナーの特徴です。
ある意味淡々としています。必要以上に重くも軽くも受け取らない。
    
lleno=神田、神田=lleno
と言われるお店。
 
プレッシャー感じますよね。やりにくと思います。
「その熱い思いを引き継ぐ自信がない」と辞退される方もいました。
  
   
そして引き継ぐ条件も何も、なーんにも決めてませんでした、なあんにも・・
    
引き継ぐ時期も急に早くなりましたし、
おいおい、話が違うやん!」と思っていることでしょう。 
     
  
心配になってついつい先にレールを敷いてあげたくなるのです。
しかしそれは相手を信頼してないことだ。
    
この先何があっても彼女は自分でちゃんとできる。
自分でやりたくて輝かしい経歴を捨てて飛び込んで来てくれたのです。 
   
どんな良い条件を示しても明日何が起こるかわかりません。
未来を約束することもできません。
 
   
結婚したばかりだから、
もっと条件が整ったら、
準備ができたら、
    
言い出せば色々あるだろうけれど
ただ「とにかくやってみる」
 
     
本当にやる人の「やる」とはこういう姿勢だと思います。
走りながら考える
これが未来を作る人、経営者だと思います。
     
経営をしていたら、想定外のことも起こります。
災害、事故、 病気、勘違い・・
   
私は「顧客を全部譲る」という約束で、印刷デザインの仕事の無給の丁稚奉公をしていた時期があります。
独立時にちゃんと名簿は譲ってもらったけれど、皆、その方の画風のファンだったので、私のところにはほとんど残りませんでした。
「おいおい」とも思いまいしたが、もともとスタートとは0からだと考えて進んできました。
   
    
私も店を譲るのは初めての経験です。
わからない同士でとりあえず進む!
それだけを決めています。
何と言っても20代で京都の中心地に店を持つわけです。
オーナーですから、代表ですから!
  
私の新しい会社 Will Design株式会社のポリシーの一つ
「いっちょう、やったるか!」
てとこですね。
   
もう一つ決めていることは、「一緒に走る」ということです。
    
お店は独立しますが、私はモノづくりの担い手として
引き続き、llenoの製品の制作や人材育成、また新しい企画やイベントに邁進いたします。
一緒に走るといいながら、置いてかれるかもしれませんが、その時は後ろからついていきます。
   
これからもよろしくお願いします。
  
  
llenoのリスタートのキックオフパーティを開催いたします!
お時間ありましたらぜひ、少しだけでものぞいてください。
新オーナーをご紹介いたします!
一緒に祝ってやってください!
◯3月17日(金)19:00〜21:00
◯lleno 京都本店(室町通蛸薬師角)
※満員の場合は入場を制限させていただくことがございます。ご了承ください。
  
   
  
写真はllenoのHistory
懐かしい・・
 

============================================

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社(タツキシャ)
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

14:58 お知らせ comments(0) -
東京lleno分室会議 モノではなく人!

いきなりですが、東京の大江戸線って怖くないですか??

どこまで掘ってるんよ?と不安になりつつ、なぜかよく利用する僕です。

 

 

lleno分室会議、今月は東京開催でした。

「経営者とは何をする人か?」

「人生の最悪時に誰と繋がるか?」

とかなり深い話をしつつ、怒涛の懇親会に突入。

 

 

いやあ、飲みましたね!

ワイン、何本あけたでしょう??

 

お店のグラスがなくなって「白も赤も一緒に注いじゃって!どうせもう味はわからんから」と言い出す人も。

当日早朝6時出発でしたから、もう最後は意識不明、どうやってお風呂にはいったか覚えていません。

 

つくづく、人生は何をするか?ではなく「誰と生きるか?」だと感じた二日間でした。

 

 

僕の思う経営者は「行き先を指し示す人」です。

そして一人で行くのではなく

「あそこに行きたいんだ!一緒に行って欲しい」

と周りに頼む人です。

 

選択権は相手にあります

でも「この人の行くところに一緒に行ってみたい」と

思える熱量を発する人が経営者だと思います。

 

 

lleno分室はそんな熱量を発する人たちの集まりです!
ますますおもしろいことになりそうな予感です。

 

 

翌日はブルーエのコージーさんによる華塾も開催、なかなかの熱量だったようです。

 

 

 

 

我々、lleno本店メンバーは3名は文具屋さん巡り。

「東京はすごか!」といながら楽しく勉強して来ました。

 

我が店の至らない点を反省しつつも

「つまり、まだまだ伸び代がある!ってことですね」

と超ポジティブ発言の店長。

僕、ついて行きますだ!

 

llenoは近々リニューアルして、楽しいアイテムが増えることになりそうです!

 

 

============================================

■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社(タツキシャ)
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

00:27 - comments(0) -
『彼女に会いに来てください!』

今年1月、「経営者求む!」と世間を騒がし、過ぎること10ヶ月・・。

 

その後どうなりましたか?とよくお尋ねいただきます。

 

たくさんのご応募、そして気にかけていただいて、

本当にありがとうございます!

 

 

実はこの9月からllenoに関わってもらっております。

まだ二ヶ月・・、いやぁ、もう数年いてくれてる気がしてなりません。

 

 

しかし、面接の時に

「僕が親なら(うちに来ること)反対する」

と言い放ったので、周りから

「おかしいやろ!」と突っ込まれまくりました。

 

 

なぜなら、彼女はとてもちゃんとした経歴の持ち主で

おそらくそのままいたら安泰の人生だったと思います。

 

何を好きこのんで、この不安定企業で冒険者になろうとするのか??

僕からすると娘くらいの年齢、思わず父親のような気持ちになったわけです(笑)

 

 

未来を約束することはできないけれど

彼女の覚悟に僕も覚悟持って応えよう!

30名を越えるご希望者の中から彼女に決めました。

 

 

彼女はちょうど僕が起業したのと同じ年齢です。

 

資金も人脈も経験もなく

経営なんて何も知りませんでした

 

振り返るとゾッとするようなこともありました。

よく、くぐりぬけてきたと思います。

 

全ての責任は自分で、

会社や体制や誰かのせいにできない

(「上の者に確認します」と言いたい時もある)

 

 

だけど一つ自信を持って言えることは

ずっと「幸せだった」ということです。

 

 

僕はひとりぼっちのスタートだったけれど

今は僕の周りにいてくれる仲間たちが

そのまま彼女の仲間になってくれる

 

 

 

彼女がどんな人かって?

僕にとってもまだ未知数です

なので、ぜひ、彼女に会いに来てください!

 

 

 

30名を超える応募者の方の中から

僕が「この人!」と選んだ理由がわかっていただけると思います。

 

(もうすでにお店のことは丸投げしています)

 

 

これからllenoの顔、「lleno 京都・本店」の建本店長です。

よろしくお願いします!

 

 

(あの、何回も言うけど、僕が引退するわけでは無いです、悪しからず)

 

 

 

余談・・・

彼女が来てまだ二週間目くらいのある日、

僕がフラリと店を覗きに行くと

llenoのお店がいつもと違う、彼女のエネルギーに覆われているような気がしました。

 

社長の僕が人のお店に入るような不思議な感覚でした。

その時になぜかとても嬉しい気持ちになったんですよ。

 

(まあ、その後、ノコノコと店に入って言ったら

お客さんに「お兄さん、お店の人?」聞かれて

「えっ!もうオーラ消えてる?」とびっくりしたオチあり)

 



 

============================================

■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社(タツキシャ)
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

17:34 お知らせ comments(2) -
会いたい人がいます!

数年間、一度もお会いしたことがないのに、

ずっと忘れずにいてくれる人たちがいます。

 

毎年、この時期になると「スケジュール帖」をご注文くださる方々です。

ご注文書を眺めていると、「あっ、この人だ!」とお名前だけはよく知っている方を見つけます。

 

 

webshopだけでなく、直接お店に来てくださった方でも

店頭にいることの少ない僕はおそらく、ほとんど面識のない方達です。

 

 

お名前だけ、顔も年齢もお仕事も知りません。

それなのになんだかとても懐かしく、

「おっ!久しぶり!」と気持ち沸き立ちます。

 

 

京都のこんな小さなお店なのに。

時々、とても不思議な気持ちにさえなります。

 

「今年はこのデザインなんだ!」と心境の変化を感じたり、

毎年、必ず新作を選んでくださっている・・その心意気が嬉しかったり、

 

 

テンプレートに乗っかってくる発注書ではありますが、

僕にとっては大切な書簡を受け取っているような感じです。

 

 

僕からのお返事はお名前をお入れしたご注文のスケジュール帖ですね!

「いつかお会いしたいです!」

という想いを込めて・・・。

 
最近は職人さんが育ってくれましたので
僕が製本することは少なくなりましたが、
それでも時々はヘラと刷毛を握っています。
  
永らくお待たせしておりますが、
日々、製本を進めておりますので、
どうぞもうしばらくお待ちください。
  
 
そしてもし京都に来られることがあったら
ぜひお知らせ下さい。
 
 
留守がちの私ではありますが、

いつかお会いできるのを楽しみにおまちしております!

 

 

 

============================================

■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社(タツキシャ)
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

21:17 想い comments(0) -
癒しの空間に・・lleno大阪和泉府中分室

大阪和泉市には仙人がいます。

初対面の時に1分で私の肩こり、首の痛みを取り除いてくれました。

 

身体の痛みだけでなく、心や願望実現にも使える術です。

その仙人の不思議な術は特殊能力ではなく、

誰もが実現できる自分自身を癒す力だとその仙人に教えてもらいました。

 

『Souling』と名付けられたその「1分整体術&1分メンタル術」の私の師匠、

 

癒楽院 院長 中嶋章夫氏です。

 

 

ナカさんとは同い歳、

なぜか気が合って、

会うと熱く語り合い、気がつけば深夜ということもしばしば。

うちの奥さんが唯一ヤキモチを焼く相手かもしれません。

 

その、こころとからだの専門家、治療家のナカさんの治療院が

lleno分室として加わってくれることとなりました。

   

 

整体用品さえ販売したことがないのに、

ノートです。

 

ノートがある治療院

そうなぜか

ノートなんです!!

   
 ↑もう昔から並んでいたようなマッチ感 
ノートに込めた紡ぐ想い、繋ぐ気持ち、
そこに共感してくれた、彼も微熱少年の仲間です。
  
 
10月8日 9日
和泉府中がだんじり沸くこの時期に
OPENイベントを開催いたします。
  
オープニング企画として
【特典〜その1〜】
****************
『ラストラブレター特別編』開催
・10月8日(土)14:00〜16:00
・10月9日(日)14:00〜16:00
 オープン祝いにつき、参加費無料!
(私がお話をさせていただきますね!)
 
8日は「いそねえ」も少しお話してくださいます!
いそねえって誰よ?って方はぜひお越しください!
Facebookページ
 
【特典〜その2〜】 
****************
『lleno和泉府中分室オリジナル便せん」発売!
そしてノートをお買い上げの方には
その場で便せんに『お名前』を入れてプレゼントいたします!
 

(和泉府中のメタセコイアの並木)

 

 

【特典〜その3〜】

****************

当日ノートをお買上のあなたに・・・

『たった3呼吸で痛み・ストレスがとれる!』
1分整体術&1分メンタル術の【体験チケット】を
もれなくプレゼントさせていただきます!!

****************

 

 

棚づくりはナカさんの中学生の息子さんも手伝ってくれて

笑い転げながらの幸せな1日でした!

 

ただいま分室さんは5店舗
京都本店を入れて全国6店舗にてllenoのノートを手にとっていただけます!
《lleno京都・本店》 〒604-8156 京都市中京区山伏山町536 Tel.075-221-4660
  
《東京分室》  司法書士法人JAPAN UP
 〒151-0053 東京都 渋谷区代々木2-26-2 Tel.03-6300-6872
   
   〒675-0035 兵庫県 加古川市加古川町友沢382-1 Tel.079-427-7275
 
《大阪西中島分室》 創作料理とワイン Cafe Taro
 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4丁目6-17 Tel.06-6303-2191
 
《倉敷分室》 アロマとクレイのフェイシャルエステ ku:ria
〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2丁目13番20号(倉敷えびす商店街) Tel.086-434-6073
 
《大阪和泉府中分室》 こころとからだ 癒楽院
〒151-0053 大阪府和泉市肥子町2-2-1 イオン和泉府中店2F Tel.0725-45-0828
 

 

============================================

■想いを綴るインタビュー
プロフィールマガジンの詳細はこちら

■LastLoveletterへのお問い合わせ
LastLoveletter

■手製本ノート専門店lleno
lleno

にほんブログ村 デザインブログへ
↑ブログランキングにご協力を
「想いを紡ぐ」をプロデュース/神田樹希
============================================
株式会社樹希社(タツキシャ)
代表取締役 神田樹希
1965年生まれ。
学生時代にプログラミング会社とイベント企画会社を起ち上げる。
卒業後、印刷会社で一年間、無給の丁稚奉公の後、
1993年、面白印刷として印刷の 企画デザイン会社を設立。
22年間で3万点を越えるデザインと商品開発、企画、店舗デザインに携わる。
2008年より「美しいノート展」を京都、大阪、東京で開催。
2010年に京都市上京区にて手製本ノート専門店lleno本店を開業。
2012年、lleno室町店を開業

20:02 イベント comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS